勉強のやる気が出ない原因と対処法5選【結論:その日やることを明確に!】

こんにちは。IKUTOです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Writing_Man.png

勉強しないとなのにやる気がでない・・・

明日テストなのにやる気でない・・・

勉強のやる気がなく、

悩む人は多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、

勉強のやる気が出ない

原因と対処法5選

を紹介していきます。

 

この記事を見ることで、

・勉強のやる気が出ない理由がわかる!

・勉強のやる気が出る方法がわかる!

・頭が良くなる第一歩を踏み出せる!

と多くのメリットがあります。

勉強のやる気がでない理由

黒いフラットスクリーンテレビがオンになり、黄色の絵文字が表示されます

そもそも勉強が嫌いだから。

勉強のやる気が出ない理由は

勉強が嫌いだからという人

は多いのではないでしょうか。

嫌いなものを克服する為に

あえて嫌いなものにチャレンジする。

といった意識高い人ではない限り、

勉強が嫌いだとやる気が出ません。

どうしたら勉強が好きになるかな・・?

と考えることが大切です。

ちなみに大人になっても勉強は必須

なので勉強を楽に好きにすることは

大切です。

 

勉強の目的が明確じゃないから。

昼間水と山に面した灰色のコンクリートのドックに立っている男

勉強をする目的が明確ではないと

勉強のやる気は出ません。

なんで勉強をやっているんだろう・・・

勉強やらなくていいや・・・

ということになってしまいます。

逆に勉強をする目的がある人はやる気がでます。

・受かりたい学校に行くために。

・成長するのが楽しいから。

・友達よりいい点を取るために。

・好きな子にすごいねと言われるために。

理由はなんでもOKです。

目的を持っているだけでやる気につながります。

ぜひ勉強をする目的を見つけましょう。

 

勉強よりやりたいことがあるから。

登山

スマホで漫画を読みたい・・・

SNSをチェックしたい・・・

友達と遊びたい・・・

違う勉強がしたい・・・

他にやりたいことがあると

そっちに気を取られて勉強のやる気がでません。

1.やりたいことを最初やる。

2.やりたいことをご褒美として後にやる。

どちらがいいかは人によりますが、

好きなことを先にやるのか後にやるのか

決めておきましょう。

勉強の効率が良くなります。

筆者は後に好きなことをやる派です。

決めたノルマまで作業をやり、

作業が終わり次第

ずっと漫画を読んでいます。

(刃牙にハマってます。)

好きなことを先にやるのか後にやるのか

決めておくことで罪悪感もなくなります。

 

眠いから。

白い猫は白い掛け布団の下で眠る

眠いと勉強に限らず全てにおいて

やる気がなくなってしまいます。

テストがあるから・・・

受験があるから・・・

眠くてもなんとか勉強する人は多いですが、

やる気も出ないし、集中力もないし、効率も悪い

といいことがないです。

勉強中眠くなった時の対処法はこちら・・・

 

何からしたらいいか分からないから。

灰色のトップの女性

勉強するぞ!

と意気込んでも

何から手をつけていいかわからない

と結局、勉強をする気が起きなくなる・・・

という人は多いのではないでしょうか。 

勉強をやる前に必ず計画を立てるようにしましょう。

 

勉強のやる気を出す方法

白いセラミックマグの近くの茶色の木製テーブルに書いている人

やることを明確化する。

勉強のやる気を出す方法として

すぐ勉強に取り掛かる前に

やることを明確にして計画を立てましょう。

例えば、

ー事実ー

英語、数学、国語のテスト

が7日後にあり、

テスト範囲はそれぞれ

教科書10ページずつだとします。

 

ー現状ー

・英語=苦手で勉強しないと全く点数を取れない。

・数学=得意で勉強しなくても70点くらい取れる。

・国語=勉強しなくても40点くらい取れる。

 

 ー勉強する目的ー

いきたい学校はある程度頑張れば

行ける学校ですが、

赤点を取ると一気に

いきにくくなります。

なので、全教科赤点取らない

ことを目指したい。

この状況で計画を立てるとすると

 

ー目標ー

各教科何点取ることが

目標か明確にする。

英語=50点

→赤点からできるだけ遠ざけたいから50点はほしい。

数学=80点

→得意なのでそんなにc勉強しない。

国語=50点

→赤点ギリギリは怖いので

ちょっと勉強すれば届くであろう50点を目標に。

 

ー計画ー

次に目標を達成するための計画を立てます。

1日目:得意な数学を

    先に終わらせる。

2日目:ある程度できる国語を

5ページ勉強する。

3日目:昨日の続きで国語を

5ページ終わらせる。

    数学を忘れないように

復習する。

4日目:苦手な英語の10ページ

の全体像を把握する。

5日目:英語を5ページ勉強する。

    国語を内容を忘れないよう

復習する。

6日目:続きの5ページと

英語を全体的に勉強する。

7日目(テスト当日):

朝3教科復習する。

このように

目的、目標、計画

を立てることでやることが明確になり

勉強のやる気が出ます。

ぜひ計画を立てることを実践しましょう。

また計画を立てる能力は社会人になってから

重宝されます。

今のうちに慣れておきましょう。

 

勉強の環境を整える。

iPhoneとMacBookの横にある白い机の上に開いている空のノートブック

勉強のやる気を出すために

環境を作りましょう。

汚い、散らかっている部屋では

勉強のやる気が出てきません。

スタバやタリーズコーヒーなどの綺麗な

カフェで勉強すると集中できる!

という方は尚更です。

部屋を整理整頓することで

・集中力が上がる。

・勉強のやる気が出る。

・効率良く勉強ができる。

とメリットが多いです。

部屋を綺麗にするコツとしては

1ヶ月以上使っていないものは捨てましょう。

そうすることで本当に必要なものだけ残り、

部屋が綺麗になります。

(ミニマリストの考え方)

勉強した後のご褒美を設定する。

ピザのクローズショット

勉強のやる気を出すために

勉強が終わった後のご褒美を作りましょう。

ご褒美を作ることで、

そのご褒美のために早く勉強を終わらせよう!

という心理が生まれます。

何をご褒美にしていいか分からない・・・

そんな人にオススメのご褒美が

・普段あまり食べないもの

・なぜか美味しい夜中のマック、

カップラーメン

・漫画が読める。

・ゲームができる。

・課金をしてもいいことにする。

・親が協力してくれるならお小遣いをもらう。

簡単で、嬉しいご褒美です。

筆者は作業が終わったら

漫画を読んだり、映画を見たり、ドライブに

行くことをご褒美にしています。

勉強しながら音楽・動画を聴く。

灰色のラジオの近くのベッドに横たわっている女性

勉強のやる気を出すために

スマホで音楽・動画を聴きながらやることを

オススメします。

 

人間はある程度の

雑音がある環境の方が集中力がUPするのです。

(なので勉強できるカフェなどは集中できやすい。)

ながら勉強をすることで、

・楽しく勉強できる。

・スマホを使っているので

スマホをいじりにくくなる。

・集中力が上がる。

と多くのメリットがあります。

ですが、人によっては

日本語の歌詞付き、話し声に気を取られ、

集中できない方もいると思います。

そんな方には

・英語のラジオ

・何回もみて内容を知っている動画

・歌詞がない音楽

・英語の音楽

がオススメです。

※筆者は何度も見た東海オンエアの動画、

何度も聞いた好きな曲を聴きながら

作業・勉強をしています。

今回は以上です!

ソフィメント大学では10〜20代の人が

少しでも人生を豊かにできるように

学校では教えてくれない大切なことを

発信しています。

少しでもみなさんのお役に立てたら光栄です!

ここまで読んでいただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA