【社会人から見た】学校勉強が役立つ・役立たない点!結論:役に立たない

こんにちは。IKUTOです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Writing_Man.png

学校の勉強って意味あるの・・・?

大人だって学校の勉強忘れてるじゃん!!

社会に出て勉強役に立たないって
聞いたことある・・・

学校勉強をやる意味に

疑問を持つ人は多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、

学校勉強の

役立つ点/役立たない点を解説

を紹介します。

 

この記事を見ることで、

・学校の勉強が役に立つ点がわかる。

・学校の勉強が役に立たない点がわかる。

・勉強のモチベーションが上がる。

・知ってるだけで勉強の質が上がる。

と多くのメリットがあります。

学校勉強が将来の役に立つ点・理由

昼間に湖の近くのビーチで本を読んでいる男

幅広い知識を手に入れることができる。

いろんな科目を勉強することで

幅広い知識を手に入れることができます。

幅広い知識を手に入れることで、

・自分の持ってる知識を組み合わせることで

より深い知識に辿り着ける。

・選択肢が増えるので人生楽しくなりやすい。

と多くのメリットがあります。

しかし、情報社会の現代では

昔とほとんど変わらない日本の教育

だと知識量としては不足してしまいます。

 

いい人生を送りたい。

将来苦労したくない

という人は

 

学校の勉強以外で知識を広げるようにしましょう。

・読書をする。

・いろんな人と話す。

若いうちからこれをすることが大切です。

簡単に知識を増やせるサービスはこちら・・・

(本の要約サービスフライヤー)

 

問題解決能力が上がる。

問題解決能力が上がります。

いろんな科目をすることで

いろんな問題の解き方を学ぶことができます。

数学の考え方、国語の考え方・・・

それぞれの科目で問題の解き方は変わってきます。

いろんな問題解決方法を持つことで

仕事に行き詰まりにくくなり、

成果を出せる人になります。

 

良い大学・社会に行くことができる。

昼間の青い空の下の茶色のコンクリートの宮殿

より良い大学、社会に行くことができます。

たくさん勉強し、テストの点数を上げることで

自分の将来の選択肢の幅を広げることができます。

どこまで勉強しなきゃなの・・・?

そう思う人もいるかと思います。

 

1つの目標としては、

どこでもいいので大学に行けるレベルにしましょう。

大卒と専門卒、高卒では毎年、50万ほど給料

差が出てきます。

将来少しでもお金に困りたくない人は

大学に行けるまで勉強することをオススメします。

 

疑問力が上がる。

灰色のトップの女性

いろんな科目を勉強することで疑問力が向上します。

この記事を見てくれてる方はすでに

学校の勉強って役に立つの?

と疑問を抱いているはずです。

・国語って勉強する意味あるの?

・なんで音楽の授業は

流行りの曲を学ばないんだろう?

・どうやってこの方程式を

導き出したんだろう?

と、その科目でしか見つけられない疑問を見つける

ことで疑問力が上がります。

注意点ですが、

疑問を持ったら必ず

解決したり、質問するようにしましょう。

多くの人が疑問を持つが、「まあいいか

となってしまいがちです。

それでは意味がありません。

疑問力は社会で重要なスキルです。

みんなが当たり前になっていることに

疑問をぶつけ、

仕事の効率UPに貢献したり、

分からないことに疑問をぶつけることで

周りの人より早く成長することができます。

 

学校勉強が将来の役に立たない点・理由

青い番号8のプリントが付いている茶色の木製のドア

各科目特有の問題は役に立ちづらい。

国語なら古文、漢文・・・

数学なら2次方程式など・・・

社会なら日本の古い歴史・・・

これらが大人になったとき

直接役に立つことはほとんどありません。

なのでわからなくても、忘れても

問題ありません。

重要なのは

意味のない問題をどれだけ意味のあるものにするか

です。

これがわかっている大人が成功する人です。

逆に大人になっても

学校の授業なんて意味ないよ

と言っている人は

・成功していない人

・苦労している人

が多いです。

 

暗記系は役に立たない。

青い布に白いプリンター用紙

暗記系は将来役に立ちません。

ずっと続けないと忘れますし、

そもそも暗記できるようなものは

必要となれば調べて

すぐ解決することができます

このことから暗記問題が役に立たないのは断言できます。

 

各科目なぜ勉強しているのか教えてくれない。

立っている茶色のパーカーの男

ほとんどの人が大人になっても

学校の授業が役に立たない

と感じてしまう理由が、

各科目なぜ勉強しているか教えてくれないからです。

自分でそれを考えられる人はいいですが、

大半の人は必要であることを考えず、

学校の勉強=役に立たない

と決めてしまいます。

勉強をする際はなぜそれが必要なのか

を考え本当に必要なこと、不必要なこと

を分けれるようにしましょう。

 

他に学ぶべきことがある。

茶色の革のソファの上の黒と灰色のラップトップコンピューター

学校の勉強よりも

世の中、学ぶべきことはたくさんあります。

大人が学校の勉強は役に立たない

と言っているのには続きがあります。

それは、

学校の勉強より学ぶべき

大切なこと、知識があるからそっちを

勉強するべきだ。

と学生時代に知っておきたかったこと

後悔していることがあるということです。

 

学校の勉強より社会にでて役に立つスキルとして

・お金の勉強(資産運用、税金、保険)

・プログラミング

・マーケティングスキル

・簿記

・英会話

(英語の授業は話せるようにはならない)

・SNSの使い方

とたくさんあります。(あげるとキリがないです。)

学生の時にそんな勉強できないよ・・・

という方がほとんどだと思います。

 

そこで、学生の時にオススメな学習として、

読書

があります。

読書のメリット・デメリットはこちら・・・

目標目安は1ヶ月で1冊以上です。

読書をすることで社会に役立つ知識を

幅広く深く手に入れることができます。

今回は以上です!

ソフィメント大学では10〜20代の人が少しでも

人生を豊かにできるように

学校では教えてくれない大切なことを

発信しています。

少しでもみなさんのお役に立てたら光栄です!

ここまで読んでいただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA